N-SYSTEM-Careニュース

介護ITエンジニア?

2019.7.17

こんにちは、7月よりノースハンドグループに入社しました新人営業マンです。

 

今まで外部及び内部から介護業界を見てきて感じたことがあります。

 

ともかく書類が多い………

 

 

介護業界は他産業に比べてIT化が遅れています。

 

その要因の一つとして私が考えるのは、

 

製造業界や金融業界などの他産業では、それぞれ業界に特化し、

 

業界事情までも熟知したIT企業やITエンジニアがいて、

 

現場で働く⼈々と双⽅向の議論を⾏ったうえIT化が進められています。

 

 

しかし介護業界の場合、そもそもIT業界との交流が全くなく、双⽅向の議論が成り⽴っていません。

 

そのため、介護業界のIT化はまだ準備段階にも届いていない状況だと思います。

 

 

私たちノースハンドグループは、

 

介護業界に精通したIT企業として、

 

実際に介護現場を経験した「介護ITエキスパート」

 

介護業界を変えていきます。

 

「N-SYSTEM-CARE」の画像検索結果

新機能の開発にむけて

2019.7.17

 

7月3.4日に福岡で開催されたCareTEX2019に参加してきました!

今回の目的は、

N-SYSTEM-Careの新機能開発に向けての視察です。

介護事業所向けのシステムが数多く展示されていました。

 

どの企業様も介護施設向けのシステム販売に向けて

さまざまな取り組みをされていました。

 

我々が出来ることってなんだろう?

今、ここにない価値ってなんだろう?

 

と、あらためて考える良い機会となりました。

 

大きな刺激をもらい、今後も

「介護現場と共に成長していくシステム」

を作っていこうと決意を新たにできた機会でした。

 

介護業界にイノベーションを起こすべく、

ノースハンドグループは日々活動をしてまいります。

新入社員目線に合わせた嬉しい機能!

2019.4.10

新入社員の目線に合わせた機能をご紹介します

 

入社してすぐぶち当たる壁・・・

それは「ご利用者様の名前と顔が一致しない」ということ。

 

新入社員の頃、覚えることが大変で細かな特徴などをメモを取った記憶がありませんか?

紫のメガネをかけていて、顎のところにホクロがあって。。。

利用者さまの名前を伝えても、?顔になっている職員をみたことありませんか?

 

そしてご利用者様の介護記録を覚えようと思いケア記録を見ても、名前だけしか表示されないので

結局誰のことを記載されているのかわからないことってあると思います。

 

そこで役に立つのがN-SYSTEM-Care!

ご利用者さまの名前の横に顔写真を設定できるので顔写真を確認しながら記録を確認することができます 😀 

これがあればご利用者様のイメージもできるので安心ですね

また、新入社員がご利用者様のことを覚えることが早ければ早いほど、介護の質も向上します。

 

是非、ご利用者様のとびっきりの笑顔画像を設定してくださいね!

第4回 介護事業社様 勉強会

2019.4.1

みなさま、こんにちは^_^

ノースハンドです!

3月15日に、介護事業社様向けの
勉強会で登壇させて頂きました。

いよいよ、働き方改革が4月1日から始まります。

それに向けて、介護施設様も、

色々な取り組み、

チャレンジが増えてくると思います。
いい意味で色々なことが変わり、

業界のイメージが変わればと、

期待しております^_^

今回、勉強会でお伝えしたのは、
『情報管理』です。
勉強会の参加者には、企業の人事担当の方
リクルートを控えた大学生もおられました。

具体的には、Nシステム、サイボウズの
二つのクラウドシステムを使って
情報管理を、行っていることを
お伝えしました。

とても感心したのは、
大学生の皆さんの

リクルートに対する意識の高さです。

売り手市場の中、それに甘んじることなく
なりたい自分、目標を持っておられました。

21歳の大学生さんが、『私のビジョンは〜』と、発言されたのを聞いて、
嬉しくなりました!
本当に、素晴らしいですね!
※帰り際に、しっかり名刺を

お渡ししました

第10回てっぺん会

2019.4.1

皆さん、こんにちは^_^

ノースハンドです!
本日は、3月7日(金)に行われた
てっぺん会についてお知らせします!

てっぺん会は、ノースハンドが主催する
異業種交流会です
経営者、教育者、労働局、金融関係、システムエンジニア、  医師、薬剤師、ケアマネ、看護師、司法書士、  社労士、薬剤師、社会福祉士、介護福祉士、介護施設長等々、色々な方に参加していただいております。
毎回、本当に盛り上がります!

今回は、人材獲得、人材育成、働き方改革の話が、多かったように思います。

他業種の方から、色々なお話を聞くことは
毎回、勉強になります^_^
実際にてっぺん会から、ビジネスマッチングが成立して、アライアンスを組む企業様もたくさんいらっしゃいます^_^

ノースハンドの目指す、『顔の見える関係作り』を更に広げていきたいと思います。
今回は、60名以上の方に参加して頂きました。

次回は100人の方に参加して頂けるように

頑張ります!

 ※ちなみに、第一回てっぺん会の参加者様は、6名でした(^_^;)

ご興味のある方は、ノースハンドまで、

ご連絡ください!

 

広島商工会議所 「生産性向上」の登壇

2019.4.1

皆さん、こんにちは(^^)

ノースハンドです❗️

昨日、「生産性向上の取り組み」で、
登壇をさせて頂きました。

ちなみに、「生産性向上」とは、

シンプルにお伝えしますと、

働く時間を少なくして、付加価値を上げることです。

日本は、少子高齢化、
そして人口減少トレンドに入っています。
今後、日本の人口が増えること、
そして、生産年齢人口(18歳〜60歳)が
増えることは無いのです・・・
なので、我が国の豊かさ(GDP)を維持するためには、
国全体として、生産性向上に取り組むしかありません
厳しい現実は、しっかり受け止めて、
前向きに、チャレンジすることが、
大切だと考えております!

私の登壇テーマは、

「クラウドマネジメント」です。

2つのクラウドシステムを使って

情報のプラットフォームを作り、

「組織に一体感と、スピード経営の実現を目指す」

取り組みを、ご紹介させて頂きました。

今回の「生産性向上」の会場は、
グランビアホテルの素敵なホールで行われました。

会場は、超満員で、広島の経済界から400名以上の方が
参加をされていました。
登壇後に、多くの方と名刺交換をさせて
頂きました。

素敵な会場でした!

クラウドシステムを使った、

「アウトソーシング」、「テレワーク」について、

ご紹介させて頂きました

登壇が、始まりました!

詳しくは、こちらをどうぞ💁‍♂️

https://www.h-yeg.jp/report/813/

ノースハンドの「取り組み」「想い」

多くの方に、お伝えすることが出来ました。

大変有意義な1日でした(^ ^)

第15回改善コンクール

2019.3.22

みなさまこんちには!

桜が開花し、春の訪れが

すぐそこまで来ていますね 🙂 

 

このたび、ノースハンドグループは、

株式会社アイリーフ様と株式会社SHメディカル様の合同開催による

「第15回改善コンクール」に参加いたしました。

コンクールでは、N-SYSTEM-Careを導入していただいています、

愛ファミリー天瀬様が「デジタル化で見えてきたこと~情報共有システム導入~」

というテーマで発表されました。

 

質疑応答の時間には、弊社をご紹介いただき、

ノースハンドグループの取り組みやN-SYSTEM-Careについて

お話しさせていただきました 😀 

 

取り組みに関心を持たれた法人様・新聞社様と交流をさせていただきました!

ひょっとした記事になるかも・・・ 😆 

乞うご期待!!

 

今後も全国にN-SYSTEM-Careを普及を進め、

”働き方改革”の推進を行なってまいります!

第13回広島県信用金庫合同ビジネスフェア2018

2018.10.30

皆さんこんにちは!

初戦は引き分けとなりましたが、日本シリーズ第2戦!広島が勝ちましたね 🙂 

この調子で、日本シリーズも優勝していただき、

また優勝セールが始まってほしいですね(笑)

さて、ノースハンドグループは、

10月25日にグリーンアリーナで開催された

「第13回広島県信用金庫合同ビジネスフェア2018」

に出展者として参加させていただきました。

 

このたびは、働き方改革 というコンセプトで出展させていただきました。

弊社が提供する ”N-SYSTEM-Care””N-SYSTEM-Office” は、

多くの法人様の課題である書類業務・情報共有などの効率化が実現でき、

また、働きやすい職場環境の構築が可能になることを 熱い想い をもってお伝えさせていただきました。

弊社のブースに来られた方からは、

「IT化しないといけないけどね・・・」と、

システムの導入に関して興味を持っていただけましたが、

使いこなせるかが不安という声が多く聞かれました。

しかし!

ノースハンドグループでは、

”N-SYSTEM-Care”と”N-SYSTEM-Office” の導入に際して、

導入研修 を実施し、システム使用の定着を図ります。

また、導入後もどのようにシステムを活用していくか、

弊社の導入フォロースタッフによるサポートの しくみ” もありますので

システム導入におけるリスクは他社と比べても格段に低いと考えております。

システムを導入することがゴールではなく、

皆様に寄り添い、皆様と共に働きやすい職場環境づくりをしていくことが、

ノースハンドグループの想いです。

このたびのビジネスフェアにて、

お忙しい中、ブースに訪問していただいた皆様、

誠にありがとうございました!

第6回介護事業者様向け勉強会開催!

2018.9.28

こんにちは!

日中と朝晩の温度差が激しくなってきましたが、

皆様、体調を崩されないよう気をつけてくださいね。

 

さて、

ノースハンドグループでは、

「第6回  介護事業所様向け勉強会」を開催いたしました!

 

それでは、勉強会の様子をご覧ください!

 

第1部では、

社会保険労務士法人アムシス 松田様にご登壇いただき、

「労務のアウトソーシングによる管理コスト削減」をテーマに、

グループウェアを使用することでの労務管理の効率化について

お話をしていただきました。

 

 

 

第2部では、

株式会社リコネクト代表取締役 北村様にご登壇いただき、

「求職者から選ばれるために!~効果的なHPの活用方法~」をテーマに、

近年、求職者の多くはホームページから情報収集を行なっている現状から、

ホームページにおける「身だしなみ」の必要性について

お話をしていただきました。

 

第3部では、

弊社が開発しましたN-SYSTEM-Care導入事例を

発表させていただきました。

今回は、岡山県の愛ファミリー天瀬様での導入事例を

発表させていただきました。

 

今回の勉強会を通して、

法人様が労務に関する様々な課題を抱えていることを

身をもって感じることができました。

今後、労働人口は減少していきます。

企業では業務の効率化を行い、働く環境を整えることが求められます。

N-SYSTEM-Careを通して、地域の法人様の運営をお手伝いできればと

考えております。

 

このたびは、お忙しい中ご参加くださいました皆様、

誠にありがとうございました。

 

次回は、10月19日(金)に開催いたします。

皆様のご参加、心よりお待ちしております。

第6回介護付きホーム事例研究発表全国大会 中国・四国ブロック予選

2018.8.23

こんにちは。

少し涼しくなってきましたが、

今週は台風が接近するということで、

皆様お気をつけて・・・

ノースハンドグループは、

全国介護付きホーム協会様主催の

「第6回介護付きホーム事例研究発表全国大会

”全国介護付きホーム研究サミット”中国・四国ブロック予選」

の展示ブースにて出展させていただきました。

 

法人様が様々な取り組みを発表され、

ノースハンドグループでも

参考にさせていただきたいと思いました。

 

また、事例発表の中で、

「看取り」「情報共有」という言葉が

頻繁に出ているように感じ、

多くの法人様で課題として

捉えているのだと思いました。

ノースハンドグループのN-SYSTEM-Careで、

それらの課題を解決していき、

一つでも多くの法人様の職場環境の改善の

お手伝いをさせていただければと

思っております。

 

参加された法人様、運営に携わった方々、

お疲れ様でした!

第5回介護事業者様向け勉強会開催!

2018.8.22

こんにちは、ノースハンドグループです。暦の上では秋を迎えましたが、まだまだ厳しい残暑が続きそうです。皆様お体には充分お気をつけて無理のなさらないように日々をお過ごしください。

さて先日第5回介護事業者様向け勉強会が開催されました。

 

第一部では、呉市を中心に活動されている訪問看護ステーションそれいゆの岩崎社長に登壇していただき、その後弊社代表の北村が登壇しました。

 

 

今後の施設での医療連携について、又、施設での看取り想定してITを活用した訪問介護と介護施設の関わり方について熱い討論が繰り広げられました。

 

 

第二部では尾道市などでドコモショップを運営するアンデックスソリューション株式会社の岩木様に介護施設でのiphone, ipadの活用方法についてお話して頂きました。

 

IT化と聞くと、難しそうだと私も最初は考えていたのですが今回のお話でiphone,ipadの具体的な機能、そしてその活用方法まで教えて頂きました。これならITが苦手な私でも関わっていくことが出来そうです 😉 

 

 

第三部では弊社介護施設で実際に柔道整復師として勤務しているスタッフが登壇しました。

実際にITを取り入れる前と取り入れた後では施設内のスタッフの働き易さがどのように変化したのかについてお話して頂きました。現場スタッフならではの意見を聞くことができたとあって皆様とても真剣な表情で話を聞いていらっしゃいました。

 

最後にはなりますが、今回私が参加してみて感じたことが今後労働可能な人口が減っていく中で施設内の情報を簡素化業務の効率化を図る事はどの施設様でも絶対に必要であるということです。また業務の効率化を図る事ができればご利用者様の事を考える時間も増え、よりご利用者様に寄り添った介護が出来ると思います。スタッフ様にもご利用者様にもより喜んで頂くための手段の一つとして施設内のIT化が必要なのではないかと感じました。

 

次回の勉強会は9月21日(金)開催されます。

広島地域の介護をより発展させる為に、多くの事業所の皆様にご参加頂きたくさんのご意見を頂ければ幸いです 🙂 

7月20日 第四回介護事業者様向けの勉強会開催!満員御礼!

2018.7.20

皆さんこんにちは。

この度、西日本を中心とした「平成30年豪雨」災害により、

亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、

被災され不自由な生活を余儀なくされている皆様に心より

お祈り申し上げます。

まだ暑い日が続きますので、

熱中症にならないように、

こまめに水分を取っていきましょう!  😳 

 

本日は、いつもお世話になっております介護事業者様をお招きして、

第四回介護事業者様向けの勉強会開催いたしました。

今回はなんと・・・

4月から始めて、4回目にして初めての満員御礼でした!

14社21名もの皆様にお集まりいただきました!

改めて、感謝いたします。

ありがとうございました。

第一部では、広島東公共職業安定所の大下様、労働局の田淵様に

「広島地域を元気に!魅力を発信する採用戦略!」

という演題名で登壇していただきました。

人材を確保するためには、

施設の魅力を明確にしておく必要があるとのことでした。

また、合同説明会などでは、聞く人によって、

話す内容や話す人を変えていくことが、

聞き手に有力な情報が提供できることに繋がる

と採用戦略のヒントを教えていただきました。

第2部では、弊社の代表取締役社長の北村による

「介護記録のデジタル化・

グループウェア活用による職場環境のご提案」

 

弊社の橋口顧問による

「中小サービス事業者の生産性向上」

の演題で登壇させていただきました。

 

弊社で開発しました、N-SYSTEM-Careを活用した

組織作りを介護事業様に向けてお伝えしました。

 

各法人で採用戦略も異なり、

参加していただいた法人の方と

様々な情報を共有させていただきました。

今後も、NORTH HAND GROUPは

地域を元気にしていくために、

職員一同精一杯働きかけていきます。

 

次回の勉強会は、8月20日(月)に開催いたします!

今回も満席で立ち見が出るほどのお客様だったので、

ご予約はお早めに!

第三回介護事業者様向け勉強会開催

2018.6.23

皆さん、こんにちは 🙂 

全国的に梅雨に入り蒸し暑い日々が続いておりますが、

いかがお過ごしでしょうか。

体調管理にはくれぐれもお気をつけくださいね!

先日、ノースハンドグループでは介護事業者様をお招きして

第三回介護事業者様向けの勉強会を開催致しました。

こちらの勉強会は、『 生産性向上と人が辞めない組織作り』をテーマとして

介護業界が直面する課題に対してどのように向き合っていくかなど、

今後の方向性について議論していく場となっております。

 

勉強会の内容は二部に分かれて開催致しました。

第一部では、一般社団法人医療介護総合ケアシステム研究所の方を講師として

『人材定着・新卒採用』について講演して頂きました。

今後、労働人口が減少していく中で介護施設様が

どのように人材確保、人材定着を行なっていくべきかを教えて頂きました。

つまり、売り手市場である今日において、もはや介護業界のみならず

他業種の企業様もあらゆる企業努力をされている状況で、

選ばれる為には働き方の改革が必要であるということでした。

 

第二部では、『主体的に動く組織作り、人材育成について』をテーマとして

ご参加頂いた介護事業者様にディスカッションをして頂きました。

富士ゼロックス様の新しい商品についてのご紹介であったり、

各法人様の取り組みについて様々な意見が飛び交い

熱気ある非常に有意義な時間となりました!

 

 

最後に、弊社が開発した介護施設様向けの情報共有システム『N-SYSTEM-Care

についてご紹介させて頂きました。

今回は、弊社新入社員が初めて各法人様の前でプレゼンということで

緊張感たっぷりの中でしたが一生懸命お伝えさせて頂きました。

 

N-SYSTEM-Careは、介護施設内のスムーズな情報共有、ドクターとの良好な医療連携、

介護スタッフ様の業務効率化による負担軽減など、まさに介護施設の働き方改革をご提案できます!

2025年問題に向けて地域包括ケアシステムを推進していく為には

介護・医療・看護・薬局全てが連携していく必要があり、全てはご利用者様の満足に繋がります。

それを実現できるのがN-SYSTEM-Careであります!

 

企業理念である、 『今、ここに無い価値を創造する』という思いで

これからもいろいろな情報を発信していきたいと思います。

 

来月も7月20日(金)に勉強会開催予定となっておりますので、

弊社のホームページ、ブログでご興味、ご関心を持って頂いた法人様は

ご参加を心よりお待ち致しております。

N-SYSTEM-CareコンセプトⅠ~情報共有~

2018.6.22

 こんにちは。ノースハンドグループです。本日は前回のN-SYSTEM-Care誕生秘話で少しお話させて頂きました、N-SYSTEM-Careのコンセプトの一つ~情報共有~についてお話させて頂ければと思います。

 

 まずはN-SYSTEM-Careがどのようなシステムかについて簡単におさらいさせて頂きます。

介護施設様は24時間365日休みなく稼動し続けるため入居者様の様々な情報が膨大な量出続けます。N-SYSTEM-Careとは介護施設様で入力するバイタル記録、ケア記録、連絡ノートなどの施設内の情報を一つに集約する事でパソコン、タブレット、スマートフォンを用いて入居者様の情報を確認できるシステムです。

 

 また施設内の情報はパソコンなどの媒体を用いてスタッフ全員が確認することが出来ます。つまりスタッフ間での情報の格差を無くす事が出来ます。介護記録は毎日書かれるため、それを確認する事で情報格差は起こらないと思われた方も多いと思います。しかし、スタッフ間での情報の格差についてよく考えてみてください。介護施設では24時間365日情報が出続けており、それを管理者様も含めスタッフの皆様は1週間168時間のうち限られた40時間で管理しないといけません。自分が出勤している時以外は、入居者様の事を把握できておりますでしょうか?

 

 24時間365日稼動している介護施設内の情報を、40時間という短い時間で管理する事はほとんど不可能であると思われます。また介護施設様は記録の転記作業も多いため転記作業による残業が発生したり、夜勤者から日勤者への申し送り朝礼等で多くの時間を費やされていたと思います。

 また介護施設様でよく発生するのが、口頭確認によるスタッフ間での「言った」、「伝わっていない」の問題です。

 N-SYSTEM-Careを用いる事で従来の転記作業にかかっていた時間、日勤者への申し送りの時間、朝礼の時間を大幅に短縮でき、スタッフ間での「言った」、「伝わっていない」を解消する事も可能です。

 また弊社ではN-SYSTEM-Careを用いて情報共有にかかっていた時間を短縮すれば、入居者様に寄り添う時間も増やす事が出来ると考えております。これまでの介護以外にかかっていた時間を短縮する事でスタッフ様の満足度も上がるとともに、入居者様の事を考える時間も増え入居者様の満足度も上げる事ができるのがN-SYSTEM-Careなのです。

 

 弊社では新しい価値を創造するというコンセプトの下、介護施設様そして介護業界を魅力あるものにするために日々頑張っております。

 次回はN-SYSTEM-Careのコンセプトの2つ目人材育成についてご説明させて頂ければと思います。それでは、また次回の更新を楽しみにしていてください!

 

富士ゼロックス様との打ち合わせ

2018.6.13

ご覧いただきありがとうございます。今回のN-SYSTEM-Careニュースは、

平成30年6月12日(火) 10:00~16:00までにわたり、富士ゼロックス様と医療介護総合

ケアシステム研究所の方との打ち合わせについてお伝えいたします。

 

富士ゼロックス様と言えば、多くの方が知っている会社様だと思いますが、弊社はこの度、

富士ゼロックス様と提携し、N-SYSTEM-Careやグループウェアを活用した医療、介護業界への

ご提案を行う事ができることになりました。

 

打ち合わせの中では、N-SYSTEM-Careについての考え方や、営業方針について打ち合わせを行いました。

また、それぞれの会社の強みや営業先についても情報交換を行うとともに、現在の医療介護の業界の

動向や国の方針などについて医療介護総合ケアシステム研究所の方からの説明などを受け、有意義な

時間を過ごすことが出来たと感じています。

 

 

 午後からは、富士ゼロックス様の取り扱っている商品の紹介をして頂きました。

取扱商品も多種多様にわたり、医療、介護の業界関係者へのご案内することを想定しながら

商品の説明を受けました。

 今後は富士ゼロックス様と医療介護総合ケアシステム研究所様と連携をより強化し、

医療、介護業界への様々な問題解決へのご提案をさせていただくべく活動を続けることを

認識できる有意義な時間となりました。

N-SYSTEM-Careニュースに関するお知らせ

2018.6.9

  お世話になっております。ノースハンドグループです。この度N-SYSTEM-Careニュースが毎週更新される事が決定致しました。N-SYSTEM-Careを用いた弊社の働き方改革の取り組みをご紹介していきますので、皆様毎週Nシステムニュースの確認もお忘れなくお願い致しますね 🙂 

 

 それでは今回は記念すべき第一回目という事で、N-SYSTEM-Careがなぜ開発されたのか?N-SYSTEM-Care誕生の舞台裏に迫って行きたいと思います。

 

 ノースハンドグループは、2014年9月から東区の温品でサービス付き高齢者賃貸住宅のケアビレッジライル温品を開設致しました。しかし、開設して半年で施設長、サ責含め6名ものスタッフが退職してしまいます。退職した方々に理由を聞いてみますと、どの方も言われていたのが情報の伝達が充分に出来ていない事でした。

 情報の伝達不足。この問題はどの施設様でもよく起こる問題ではないでしょうか?介護施設では24時間365日情報が出続けるため、「言った」、「聞いてない」の問題が起こりがちです。また施設長様は施設の中で出続ける情報を一週間のうち限られた40時間で管理しなければならないため、残業が増え属人的な組織構造となりがちなのではないでしょうか?実際に弊社介護施設では施設長だけでなく、看護師にも多くの負担がかかっていました。ドクターや薬剤師様などの医療機関からの情報は、すべて看護師経由でスタッフまで伝わり、またその逆も然りで施設のスタッフの情報も看護師経由で医療機関へと伝わっていました。そのため看護師への負担が重なり退職という選択を選ばせてしまったという苦い過去がございます。

 

 弊社ではこのような経験から、なんとか施設で働くスタッフに気持ちよく働いて頂きたいという思いでN-SYSTEM-Careの開発に乗り出しました。皆様の施設でも同じようなお悩みはございませんか?

 

 幣社では、介護施設で働くスタッフ様、ご利用者様、全ての方を幸せにしたいという思いで日々業務に取り組んでおります。もし今回のブログを読まれて、ご興味をお持ち頂ければ是非一度弊社までご連絡ください。弊社のN-SYSTEM-Careを用いた組織改革についてお話させて頂ければと思っております。

 次回はN-SYSTEM-Careのコンセプトの一つ情報共有についてお伝えしたいと考えております。それではまたこちらのブログでお会いしましょう!

重大なお知らせ!!!

2018.6.6

の降る日が多くなり梅雨らしい季節となってまいりましたが、

皆様、風邪など体調管理にはお気をつけてくださいね。

が降ると心までブルーになりますよね。 🙁

しかし、この度弊社にこの梅雨のを吹き飛ばし、元気が出る様なニュースが舞い込んできました!!!

なんと、この度弊社の運営しております、ケアビレッジライル温品が労働局委託事業である「先進事業モデル」として選ばれました!!! 🙂 

 2025年に向けて介護サービスを担う人材の定着・確保が重大な課題となってくる中、「魅力ある職場作り」を行っている介護施設という事で弊社が選ばれました。

 弊社は自社で開発しております、介護施設向けの情報共有システムN-SYSTEM-Careを弊社介護施設で運用しており、このシステムの運用が先進的なICT活用として選ばれた格好です。

 

 また、この先進事業モデルは広島県では弊社含めまして3社しか選ばれておりません。この3社の中の一つに選ばれた事を誇りに思いましてこれからも業務により一層邁進していきます!!!

 今後人材不足が懸念される中で、弊社では自社だけで閉鎖的に業務を行うのではなく、全ての介護施設様と手を取り合いまして一緒に介護について考える事が重要であると考えております。

 

 N-SYSTEM-Careを用いた取り組みは、弊社介護施設でいつでもご見学して頂く事が可能となっておりますので、ICT化に興味をもたれております介護事業所の皆様、是非一度弊社介護施設を訪れてみてくださいませ。今後も施設間でのつながりを大事にして一緒に介護業界を盛り上げていきましょう!!!

FaceTime活用で意見交換会

2018.4.25

平成30年4月25日(水)
福岡にある介護施設様とiPhoneやiPad内にあるFaceTimeというアプリを用いて、N-SYSTEM-Careに

ついての意見交換を行いました。

     

実際の運用状況、ご要望、ご質問など電話では伝えにくい事柄であってもビデオ電話のような形で

顔が見える環境の中でお話することにより安心感が得られます。

 実際に、連絡掲示板の画面内にカレンダーがあると、連絡掲示板に情報が埋もれることなく、

情報が登録でき、より便利に使えるといった貴重なご意見も頂戴しました。

 

 また、実際のN-SYSTEM-Careの画面を見ていただきながらお話ができることでお困りごとに対し、

素早い対応も可能です。遠隔地であってもアフターサポートが充実することを目指します。

 今後もFaceTimeを活用し、情報交換やお問い合わせに的確なお答えさせていただきます。

 

それでは、次回の投稿も楽しみに。

N-SYSTEM-Careのプレゼン

2018.4.24

平成30年4月24日(火)社会福祉法人様へプレゼンをさせていただきました。

今回の法人様は、複数の事業所があり、保育園、障がい児、障がい者、高齢者、それぞれ

事業所を運営されている法人様です。

 

障がい者事業所様へはN-SYSTEM-Careは導入出来なのでは?と疑問に思われるかも知れません。

実はそんなことはなく運用できると考えています。

 

今回の法人様は、複数の事業所があることで、事業所間で行き来をしながら業務をされるため、

勤務の複雑化から情報の共有も複雑化されていました。

日々の記録については、個人ファイルで管理し、転記作業や記録時間に追われている現状から、

効率化できる仕組みを探しておられました。

 

今回のプレゼンでは、N-SYSTEM-Careを運用する事での情報共有の効率化、記録の転記作業などの

業務の効率化が行える仕組みについてご提案させていただきました。

今後も多くの方にN-SYSTEM-Careについて知っていただけるように活動を続けますので、

今後もホームページの更新を楽しみにしていて下さい。

N-SYSTEM-Care導入研修

2018.4.23

岡山県にあります介護付き有料老人ホームで平成30年4月19日(木)、20日(金)に行われました

N-SYSTEM-Care導入研修の様子です。

 

 

管理者様研修と、一般研修の2つの研修内容がございます。

 

管理者様研修では、主にN-SYSTEM-Careについての考え方、情報漏えい対策、iPadの基本操作、管理に

ついてなど具体的にご説明させていただきました。

 

 

一般研修では、基本の3つの機能について実際に体験して頂きながらの研修をさせていただいました。

多くの方は、N-SYSTEM-Careの画面をみてシンプルで使いやすそうとのご意見を頂戴いたしました。

 

  

 

 

 

研修終了後からは、現場内で記録を入力されるなど積極的に使う姿を拝見いたしました。

皆様からも多くのご質問やご相談を頂戴いたしまして事業所内全体での前向きな姿勢が印象的でした。

 

この記事をご覧いただきましてありがとうございます。

このN-SYSTEM-Careが気になった方、ご興味がある方は是非お問い合わせください。お待ちしております。

 

介護事業者様セミナー

2018.4.16

平成30年4月13日(金)

介護事業者向けセミナーの開催

 

第一部 講演

一般社団法人医療介護総合ケアシステム研究所 信濃 様による医療福祉業界の動向と

2018年以降の対策について講演していただきました。

 

国が見据えている2025年、2040年、2060年といった長期的な視点からの

取り組むべき課題について内容を分かりやすく講演いただきました。

 

第二部 パネルディスカッション

 『医療と介護の生産性向上について』

グループウェアの活用による人事評価の見える化による人材育成の方向性、

労務管理の効率化による生産性の向上について議論を行いました。

様々なご意見が飛び交い、また現場での困りごとなどの解決の糸口を見出すなど

良い情報交換の場となったように感じました。

 

 

今後も介護事業者様向けセミナーを開催いたします。ご興味のある方は、ぜひ

お問い合わせください。

『展示会』 Care TEX2018 in東京ビックサイト

2018.3.18

 

いつもお世話になります。以前も告知させて頂いておりましたが

2018年3月14日(水)~2018年3月16日(金) 3日間

東京ビックサイトで行われた、Care TEX2018に出展させて頂きました!

 

弊社開発システム「N-SYSTEM-Care」の東京デビューです!!!

 

初日には、15分間のプレゼンをさせて頂く機会を用意して頂き

楽天様、大和ハウス様、京都大学様など、よく聴くお名前の企業様に混じって

トップバッターとして弊社の取り組みや

N-SYSTEM-Careを活用した「介護施設の働き方改革」について

発表をさせて頂きました!

 

 

 

その後は3日間ブースで、展示をさせて頂き

始めての機会だったので不安が多くあったのですが…

 

 

 

 

終わってみれば!

100社以上の企業様と商談をさせて頂き

日本のみでは無く、中国、韓国、台湾、モンゴルなど

世界各地の企業様と交流をさせて頂きました!

 

今回、出展させて頂けたことで

介護業界が抱えている問題・本当のニーズが見えた気がしますし

弊社の取り組みやコンセプトに共感して頂ける企業様が多かったので

今後も、N-SYSTEM-Careの魅力を全国に発信し

新たな発見や進化をN-SYSTEM-Careと共に感じて行ければなと考えています!

 

又、お忙しい中、大勢の方に弊社ブースに訪問して頂きまして

誠にありがとうございました。

会場では短い時間で説明が行き届かなかった点があったかと存じます

今後も、ご要望・ご質問等ございましたら、お問合せ頂けたらと思っております。

『セミナー』薬学生のためのマイナビ就職セミナー 広島会場

2018.3.11

 

 

2018年3月10日

産業会館で行われた、薬学生のためのマイナビ就職セミナーに

出展をさせて頂きました!

 

薬学生の方へ、紹介をさせて頂く中で

N-SYSTEM-Careを使った医療連携に関して

特に、興味を抱いて頂き、集中して話を聞いて下さいました。

 

薬学生の方も実習などを通して

「高齢者様から情報を上手く掴む事が出来ない」

「認知症の方へ、正しい服薬方法を伝えれなかった」

「職員の方とのコミュニケーションが大変だった」

「情報が無いので、医師への提案が難しい」など、

在宅医療の難しさを感じてられていた様で

N-SYSTEM-Careを実際に、どの様に現場で使っているのか、

興味深く聴いて頂けました。

 

実際にN-SYSTEM-Careも触って頂き

介護側からの思い、医療側からの思いなど

専門職としての誇りを持って

患者様のために出来る事がないか!など

とても熱いお話もさせて頂きました。

 

N-SYSTEM-Careを使う事で

新しい働き方が出来る!

 

そのイメージが伝わっていると嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京CareWeek2018に出展致します。

2018.2.8

いつもお世話になります。

 

N-SYSTEMについて今後、色々情報発信をさせて頂きますの、宜しくお願い致します。

 

この度、ブティックス株式会社様主催の「東京CareWeek2018・第1回超高齢社会のまちづくり展」

に出展させて頂きます。

 

地域包括ケア・ICT・見守り各種生活サービスをコンセプトにした超高齢化社会を支える「まちづくり」の

アイデア・技術・サービスが集結する展示会になります。

 

■第1回超高齢社会のまちづくり展

  

  会期:2018年3月14日(水) ~ 16日(金) 9:30~17:00

  会場:東京ビッグサイト

  ブース:1-24 株式会社NORTH HAND GROUP

 

今、介護を支える最新の技術を見学して頂けたらと思います。